葬儀を行う際の手順や必要なものを知り故人を偲ぶ

病院からの紹介

お骨を持つ男性

家族など身内がなくなると、残された家族はお通夜・お葬式を出すことになります。お葬式の準備には、規模・形式・場所を決めることからスタートします。
まず、お葬式に参列する方の人数である規模を決めます。お付き合いのある方に広く葬儀日程を知らせると多くのかたが参列してくださいます。
家族・親戚・親しい友人のみというように、小さいお葬式をすることも可能です。こうした参列者の人数によって会場の規模や費用が変わってきます。
形式とは、宗教のことです。日本では多くの方が仏教によるお葬式を行っていますが、お葬式の際は代々お墓の付き合いのある菩提寺に連絡します。
菩提寺が遠方の場合は、近くの住職の紹介を受けることもあります。会場については、先述した参列者との兼ね合いもありますが、安価でできる公営斎場から民営斎場、また葬儀社が独自で持っている斎場など様々なものがあります。
また、遠方から弔問に訪れる方が多い場合は、アクセスを考慮し、交通機関の便利な場所を選ぶこともあります。

葬儀に際し、まずは規模・形式・場所を決めることが重要です。
それらが決まると、より細かい打ち合わせを行います。
棺・祭壇・遺影・香典返し・料理など、お葬式に関するすべてのことは、ご遺体を安置できる場に移動すると同時に打合せにて決定します。
お葬式では通常、こうした項目ごとに金額設定がなされており、その合計額が葬儀費用となります。
近年、お葬式に費用をかけたくないという生前の希望やご遺族の意向によって、葬儀社でも様々なプランを設定しています。
葬儀社に生前から相談できるサービスも増えていて、大変便利な時代です。
あらかじめ相談しておくと、斎場を比較することもできます。
何より、なくなられた後にスムーズに準備ができるため、満足のいく形でお見送りができるとして、事前相談を利用する方は増加しています。