葬儀を行う際の手順や必要なものを知り故人を偲ぶ

お寺への連絡

寺院の外観

葬儀は死者を送り出す厳粛な儀式であるが、葬儀を執り行うためには、多くの段取りが必要である。
まず、葬儀社へ連絡して、葬儀の会場などを決める必要がある。
セレモニーホールや寺院などから選択する必要がある。
また通夜を実施するかなども決める必要がある。
また、金額に応じて様々なプランがあるため、もてなす料理や式典の内容、香典返しの内容など決めなくてはいけないものが多くある。
式典が終わっても全てが完了するわけではない。
お礼状やお返しなども必要である。
これは今までお世話になって、葬儀に参列していただいた方々への礼儀である。
こうして全て終わるまでにはかなりの費用が必要とされる。
経済的な部分から不安に思っている人も少なくないだろう。

以前はかなり大がかりな式典が多かったが、最近は多様化している。
最近多いのが、ごく身近な人々だけで執り行う家族葬である。
費用的にもそれほど多くかからず、かといってこじんまりとしすぎず、快く送り出す事ができる。
中には直葬のみという人もいる。
これは火葬のみであるが、最も費用がかからない。
こうした形態が増加したのは、核家族化などによる家族・親族の減少、あるいは経済的にあまり余裕がない人々が増加したためといえる。
また、海洋葬など、墓などにも費用をかけずにより簡素化している傾向にある。
ただ、こうした傾向は選択肢が増えたという前向きな事もいえるであろう。
今後はより多様化および簡素化した葬儀の形態が増えていくと考えられる。