葬儀を行う際の手順や必要なものを知り故人を偲ぶ

遺体の搬送

数珠

不幸が訪れ葬儀を出す遺族となった時、悲しみと同時にその式をどうすれば良いのか悩む方も多いでしょう。
手続きや決めごとは担当した葬儀会社から説明や指導がありますが、遺族としては葬儀の種類とそれにかかる費用を事前に知っておきたいところです。
たとえば、故人が過去または現在会社の創業者や経営者、役員であった場合は会葬者が多いことから、社葬や喪家としての葬式と合わせた合同葬を営みます。
最も多いのが一般葬です。
一般葬は、故人や遺族と親交のある人に広く伝えて参列していただくものです。
なお、一般葬は会葬予定者が300人以下の規模となります。
ちなみに、葬儀にかかる費用は全国平均では約200万円とされていますが、これは当然規模によって大きく変わり、また地域や風習によっても変わります。

核家族化が進み、また高齢化社会が進行したことにより、ここ最近葬儀のトレンドとして家族葬が注目を集めています。
家族葬は、遺族だけ、もしくはごく身近で親しい知人のみで行う小規模な葬式です。
家族の数が少なくなり、また故人が高齢だった場合知人などの会葬者も少ないことから、この家族葬はこれからさらに増えていくと見られています。
家族葬の良さは、遺族が故人の最期にしっかり寄り添うことができ、しかも式を行うにあたっての大きな精神的負担を軽減できることとされています。
また、小規模な式ということで費用の負担も軽くなります。
しかし、遺族や身近な知人のみで行うことで、どうしても不義理が起こりやすく、後で知った遠方の親戚や知人からクレームが来ることがあることもあるため、そうした場合のフォローを考えておくことが必要です。