葬儀を行う際の手順や必要なものを知り故人を偲ぶ

葬儀前の手順

花輪

大切な人の最後を真心込めた葬儀で送り出してあげたいなら葬儀は大田区で行ってあげましょう。

大切な人が亡くなってしまうことは本当に辛いことです。
そんな大切な人だからこそ、最後にしてあげられる葬儀をきちんと行うことが大切になります。
葬儀を行うことは、残された人にとっても現実を受け入れる為の大切な時間になります。
最後のお別れを正式にすることで、その人との思い出を大切にすることや、その人に対する思いのけじめをつけていくことができます。

日本では、多くの人が病院で死期を迎えますが、中には最後を自宅で迎えたいという人もいます。
ご臨終や死亡告知が伝えられた後、末期の水という儀式が行われます。
末期の水は死に水とも言い、その場にいる全員で行い、茶碗に水を用意し新しい脱脂綿やガーゼを箸の先に挟んで、茶碗の水を含ませて個人の唇を潤していきます。
これは宗派によっても異なることが多いので、浄土真宗等に門徒の場合、末期の水を行うことはありません。

人が亡くなり、死に水を取った後は、ご遺体の湯灌や清拭を行います。遺体を清潔にし、身を清めて来世への旅立ちを行うという意味があります。
湯灌は葬儀社が行うこともありますが、病院で亡くなった場合は看護師が医療行為としての死後措置として遺体をアルコールで丁寧に拭きます。
湯灌や清拭が終わったら身づくろいを行います。本来は死装束を着替えますが、個人がお気に入りだった洋服や着物を着せることがあります。
ご遺体の髪や皮膚を整えて、生前の姿に近づけますが、女性の場合は、薄化粧を行います。

葬儀社は八王子で評判の会社を選びましょう!安さだけではなくしっかりとした対応をしてくれるところが一番嬉しいですよね!

遺体の搬送

数珠

故人が病院で亡くなった場合、ご遺体を病院から自宅に搬送する場合は葬儀社に連絡をとり、寝台車を手配することが必要です。葬儀社の寝台車は安定性や安全性が高いので、個人の自家用車を使用するより安心です。

Read more »

病院からの紹介

お骨を持つ男性

ご臨終された時点で、葬儀社を決めることが一般的です。葬儀社を決めることができない場合は、病院と提携している葬儀社を紹介してもらうこともできます。病院から自宅まで遺体の搬送のみ葬儀社に任せるということも可能です。

Read more »

お寺への連絡

寺院の外観

葬儀社に依頼を行った場合、菩提寺への連絡は葬儀社が行ってくれます。正確な宗教や宗派がある場合は、自分でお寺等に聞くこともできますが、主に葬儀社が連絡をとってくれます。

Read more »